エネルギー

postheader 太陽光発電の概要

専用のソーラーパネルを使用して、太陽光のエネルギーにより発電する方法です。
住宅でも出来る自家発電方法で、企業や一般家庭で取り入れられています。
発電した電気をそのまま使用出来るため、省エネが実現します。

余った電気は電力会社へ売却が可能なため光熱費の削減にもなり、自治体によっては太陽光発電に必要なパネル代や電気工事の代金の補助が受けられるため、申請すると補助金が適用されます。

太陽光発電は長寿命な設備です。

太陽光発電の歴史と今後
太陽光発電は昭和30年代より開発が進んできた、半導体を利用した発電方法の1つです。石油等の化石燃料が枯渇しつつある今、再生可能エネルギーとして非常に注目を集めています。家庭の屋根や空いたスペースに太陽光パネルを設置する光景も大きく増加しています。

現在の太陽光パネルはエネルギー変換効率が18%前後まで向上しており、開発当初に比べ大きく進化しています。今後この変換効率がさらに向上すれば、省エネが実現することが考えられます。

太陽光発電と省エネのメリット
太陽光発電は、空気を汚すことが無い発電方法のひとつとして、大勢の一般家庭からの支持が集まっています。

こうした発電方法によって生み出された電力は、家庭内で消費することができますが、余ったものに関しては電力会社に買い取ってもらうこともできます。

太陽光発電を家庭内に導入するためには、電気工事などに対するコストがかかりますが、電気代の節約などの省エネ効果がとても高いことが大きなメリットとして取り上げられています。

注目の発電方法

省エネで注目されている太陽光発電ですが、取り付けようかどうしようかと迷われている方もいらっしゃるでしょう。そんな方に太陽光発電の魅力についてご紹介します。

まず1つめの魅力は、自家発電をすることができるため、電気代が安くなることです。自分の家で発電した電力を使うため電気代が抑えられ、さらに自家電力を使えるという点に加えて、余った電気は電力会社に買い取ってもらえます。いくらぐらい売電したのかというのは、指定の口座に振り込まれたり、明細が送付されるためそこで確認することができるでしょう。

2つめの魅力は、今どのくらいの電力を使っているのかを、タッチパネルで確認できるため、節電の意識がはたらくことです。使用電力をリアルタイムでチェックできるので、無駄な電気を使わないようにしようと省エネ意識が芽生えるでしょう。

3つめの魅力は、電気料金が値上がりしても怖くないということです。2011年から現在までの間に電力会社は電気料金の値上げを行っており、今後も値上がりの可能性があります。太陽光発電を設置していると、電気料金の値上げによる家計の影響を軽減できるでしょう。

取り付けをするときには、どのくらいの価格が必要なのか心配ではないでしょうか。まずは、いくつかの電気工事店で見積もりをしてもらい、料金を比較してから一社に絞ると良いでしょう。見積もりだけであれば、無料でしてくれる電気工事業者がほとんどなので、安心して依頼することができます。